矢木コーポレーション株式会社

Home >

カバー

採光型両面太陽電池 サンジュール®|矢木コーポレーション株式会社

社内トピックス

2018/07/23 月

旧本社 中御所ビル解体へ

社内トピックス  平成30年5月7日矢木コーポレーション株式会社旧本社ビルの解体が老朽化や防災の観点から始まった。 築43年間の長い歴史に幕を引くこととした。 当時の中御所ビル新設前後の経済情勢を振り返りますと、昭和47年には第一次交通安全5ヶ年 計画が発足され、昭和48年には第一次オイルショック、昭和50年にはロッキード事件、イラン・イラク戦争 昭和51年には第二次交通安全5ヶ年計画が改訂されました。 世の中の先が見える高度成長期の真っただ中の時代でもありました。ちなみに昭和50年弊社は従業員63名という時代でありました。 この間の歴史の中で県内外に多くの拠点を配し交通安全施設の販売、サーティワンアイスクリーム、ワープロスクールなど多くの事業展開をしてきました中心拠点でありました。 惜しまれながらも8月には解体が完了する予定であります。

続きを読む》

商品ニュース

2016/10/28 金

シリコン薄膜太陽電池を使用したテーブル型シティチャージを開発しました

商品ニュース   矢木コーポレーション株式会社は旭硝子株式会社と共同でシリコン薄膜太陽電池が発電する電気をスマートフォンなどに充電できるテーブル型ソーラー充電スタンドを開発し、今般、公益財団法人東京都環境公社が再生エネルギーの普及啓発に向けて進めている「シティチャージ普及促進事業」の設置事業者として選定されました。開発製品は東京都環境公社を通じて東京都内のコーヒーショップ3店舗に10月下旬より順次設置されます。 今回開発したシティチャージは、テーブル天板に太陽電池を置き、木を多用したデザインとなっており、木製スツールとの組み合わせで店舗の雰囲気に合わせた自由なレイアウトが可能です。 当社は今後も様々な太陽光発電システムの開発を通じて、グリーンエネルギーの普及に取り組んでまいります。 東京都環境公社(東京都地球温暖化防止活動推進センター)プレスリリース https://www.tokyo-co2down.jp/page.jsp?id=6989

続きを読む》

完成工事情報

2018/07/23 月

関越自動車道 所沢管内標識工事竣工

完成工事情報   本工事は関越自動車道・圏央道の所沢管理事務所管内の古くなった標識板の交換と、近く共用される予定の関越自動車道寄居PAに接続して設置される寄居SIC(スマートインター) についての関越自動車上の案内標識並びに、同スマートインター内部の小型標識を設置するために発注された工事であります。 この度当社で受注を致しました工事が無事完成いたしました。

続きを読む》