Home >

カバー

採光型両面太陽電池 サンジュール®|矢木コーポレーション株式会社

社内トピックス

2017/11/06 月

平成29年 労働安全大会開催

社内トピックス  平成29年10月21日(土)労働安全大会が社員を一同に介しおこなわれた。 6年前に中部横断自動車道南佐久ICまで開通し弊社で標識等施工を行いました。本年度も佐久南~八千穂IC(仮称)約15㎞の整備を行っておりこの平成30年3月開通予定路線の中で標識工事、防護柵1工区、2工区、4工区の工事を国土交通省長野国道事務所様から受注している事から現地での開催となった。 合同現場事務所内での重機のオペレータの体験、中部横断自動車道大規模工事の現場作業を見学致しました。 合同現場事務所内では工事事務所全員で安全設備をしっかりさせて沢山の人達に参加してもらう事を目的として、架空線事故防止の対策として高さ制限の三角旗をもうけ注意喚起のルールを行ったり、又、クレーン作業では規定以上の風速になればクレーン作業を出来ないようにし、朝のうちに1回確認しようというルールを設けている。クレーンのアウトリガーは必ず両

続きを読む》

商品ニュース

2016/10/28 金

シリコン薄膜太陽電池を使用したテーブル型シティチャージを開発しました

商品ニュース   矢木コーポレーション株式会社は旭硝子株式会社と共同でシリコン薄膜太陽電池が発電する電気をスマートフォンなどに充電できるテーブル型ソーラー充電スタンドを開発し、今般、公益財団法人東京都環境公社が再生エネルギーの普及啓発に向けて進めている「シティチャージ普及促進事業」の設置事業者として選定されました。開発製品は東京都環境公社を通じて東京都内のコーヒーショップ3店舗に10月下旬より順次設置されます。 今回開発したシティチャージは、テーブル天板に太陽電池を置き、木を多用したデザインとなっており、木製スツールとの組み合わせで店舗の雰囲気に合わせた自由なレイアウトが可能です。 当社は今後も様々な太陽光発電システムの開発を通じて、グリーンエネルギーの普及に取り組んでまいります。 東京都環境公社(東京都地球温暖化防止活動推進センター)プレスリリース https://www.tokyo-co2down.jp/page.jsp?id=6989

続きを読む》

完成工事情報

2017/07/03 月

長野県内にも「STOP」併記標識設置

完成工事情報  2017年7月1日より、止まれ「STOP」が入った新標識が施工されました。 長野中央署管内では長野駅前・善光寺など周辺で標識板の取替を行いました。 2020年東京五輪・パラリンピックを控え訪日外国人の増加に対応するため、 全国で導入がはじまった「STOP」と英語を併記した新デザインの一時停止標識は今後、新設・更新工事によって随時新しい標識板になる予定です。

続きを読む》